発送について

メルカリでPUDOから発送できるようになったよ!

メルカリを沢山つかっていると、頻繁にコンビニに行くようになりますよね。

そうすると、コンビニの店員さんに、

「あ、メルカリの人だ」

って思われてそうでなんか嫌だなぁなんて思ったりします。

私は気にするタイプなので、

「人に会わずに発送できないかなぁ」

と思っていました。

それが可能となったのです。

2018年、メルカリではPUDOステーションでの発送ができるようになりました。

そのためPUDOステーションが近くにある人は、人に会わずに発送できるようになりました^^

この記事では、

「PUDOステーションでの発送方法」

といったことを紹介します。

こんな方におすすめ

  • PUDOステーションがなにかを知りたい
  • メルカリの発送でPUDOステーションを使いたい

そもそもPUDOステーションってなに?

PUDOステーションはPackcity Japan(パックシティ ジャパン)が契約している宅配会社が利用できるオープン型の宅配便ロッカーです。

2019年1月時点で契約している宅配会社は下記の通りです。

  1. ヤマト運輸
  2. 佐川急便
  3. DHLジャパン
  4. 順豊エクスプレス

2019年1月時点で全国に3,200箇所あります。

「PUDO」は駅、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、駐車場、駐輪場、公共施設などに設置されています。

PUDOで発送するメリットとは?

  • 人に会わずに発送できる
  • 自分で発送手続きをするため、店員の質で奪われる時間が左右されない
  • 24時間365日発送可能となる(設置場所の営業時間などにより利用時間が限られる場合がある)
  • 集荷をお願いしないため、30円の手数料がかからない

つまり、手数料無料で人に会わずに発送できるのです。

そして全てセルフで行うため、

「この人嫌だなぁ」

と思ったり、

「遅いなぁ!」

なんてイライラすることもありません。

PUDO利用時の注意点・デメリット

  • PUDO受付は発送のみの対応している
  • PUDO受付は『らくらくメルカリ便』のみ受付している。
  • 『ゆうゆうメルカリ便』は対応していない。
  • ロッカーのボックス数やサイズ、空き状況によって発送ができない場合がある。
  • 一部の『PUDO』では発送を取り扱っていない。

発送可能なPUDO拠点はこちらで確認しましょう:http://packcity.co.jp/map

PUDOでの発送方法はこちら

step
1
出品する際の配送方法で『らくらくメルカリ便』を選択し、発送方法として『宅配便ロッカーPUDO』を選択します


step
2
取引成立後、出品者が『PUDO』に荷物を持ち込みます。


step
3
『メルカリ』上で2次元コードを発行し、『PUDO』の操作画面の指示に従って、操作を進めます


step
4
ロッカーに荷物を入れて、画面の確認ボタンをタッチして終了します

この簡単な4ステップだけで発送することができるのです。

PUDOステーションでの操作方法

PUDOで発送する際のポイント:取扱可能なサイズとは?

らくらくメルカリ便で発送できるネコポス、宅急便コンパクト、宅急便60〜140サイズが対象です。
160サイズは対象外です。

まとめ

近くにあったら使いたいなぁと思います。

結構頻繁にコンビニで発送していると、なんとなく恥ずかしくなります。

「こいつまた来たよ」

って思われてるのかなって思っています(笑)

考えすぎかもしれませんが、PUDOがあればすべて解決しますよね。

もし機会があれば是非使ってみてください。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

-発送について

Copyright© メルカリの『り』 , 2019 All Rights Reserved.