出品について

メルカリで売れないときは再出品をしよう:売れない根本的な理由を考えないといつまでも売れません

メルカリで商品を出したは良いけれど、

「なかなか売れないなぁ」

ってときありませんか?

売れにくいカテゴリーの商品だとそもそも厳しいですよね。

例えば大きな家具など、普通は現実のお店で買いたくなるようなものだったり、装飾品など一部の人にしか需要が無いものだったりという商品が当てはまります。

逆に売れやす過ぎるカテゴリーの商品だと、出品する人が多過ぎて売れなかったりします。

こちらは例えば、服が当てはまります。

メルカリで取引されているものの中で、一番取引が多いブランドはユニクロです。

ユニクロの商品は、毎分のように出品されているのです。

なので同じブランドのユニクロで出品しても、タイミングが悪ければあまり人に見られることなく商品の山に埋まっていきます。

そうすると売れなくなってしまいますよね。

このように、売れないけど売りたい商品があるときは、再出品をおすすめします。

ただしやみくもに再出品すればいいというわけではありません。

まずは売れない根本的な理由を考える必要があります。

この記事では

「売れにくい商品の売り方」

といったことを紹介します。

まずは売れない根本的な理由を考えよう

売れない原因が分からなければ、再出品しても売ることができません。

無駄な労力と時間はなるべく避けたいですよね。

売れない原因は主に下記のようなものが考えられます。

  • 値段が高すぎる
  • 商品の写真が無い・余計なものが写っている
  • 商品説明が雑・内容が足りない
  • 発送予定日が遅すぎる
  • 匿名配達ではない
  • あなた自身の評価が悪い
  • 出品したタイミングが悪かった

ざっと考えるだけでもこんなにあります。

パッと見て、自分が出品した商品はどれに当てはまるのか分かりますか?

売れない原因に対して、それぞれの対策を考える必要があります。

なぜなら、この後の売り方が変わってくるからです。

そしてこれらの原因は、1つを除いて再出品する際に工夫すれば対応できるものばかりなのです。

その1つとは、『自身の評価が悪い』場合です。

あなた自身の評価が悪い場合は再出品してもムダ

申し訳ないのですが、この場合は売ることが難しいです。

貴方が購入する立場だったら、評価が悪い人からは購入したくないですよね。

見ず知らずの相手なのに、評価を見たら『悪い』ばかり。

そうするとそもそも販売すること自体が難しいです。

この場合、登録し直すということが考えられますが、メルカリでは電話番号1つにつき1アカウントを作成することができます。

新しい電話番号を取得する以外に新規登録することは難しいのが現状です。

悪いばっかりの評価ではないとき

『良い』評価ももらっているが、『悪い』評価もある場合は、購入者が安心するような自己紹介文や商品説明を書くことで、売れやすくなります。

合わせて読みたい記事はコチラ

メルカリの自己紹介文の例文/テンプレ:初心者・主婦・購入専門も

再出品の必要がない場合もある

実は売れない商品でも、再出品しなくて良い場合があります。

それはズバリ、その商品と同じ商品が数多くないときです。

再出品は埋もれてしまって購入者から見えなくなる際の対処法です。

商品検索をしてみて、埋もれていないのなら再出品する必要はありません。

ただし他の人の商品が売れているのに自分の商品が売れない場合は、自分の商品が他の商品に比べて魅力がないということです。

その場合は、

「なぜ他の商品は売れたのか」

を考える必要があります。

再出品の方法はこちら!

再出品は下記の手順で行います。

まずは出品した商品を削除しよう

step
1
再出品したい商品の商品ページを開く

step
2
右下にある『商品の編集』を押す

step
3
一番下にある『この商品を削除する』を押す

こうすることで、まずは出品した商品を削除します。

次に、普段どおり出品をします。

この一連の流れを『再出品』と言います。

これをすることで、また購入者の目に写る機会が多くなり、購入される可能性が高まります。

理由別!再出品で売れるコツ

値段が高すぎた場合は単純に値下げして出品し直しましょう。

商品の写真が無い・余計なものが写っている場合は、フローリングや机の上などきれいな場所で写真を取りましょう。例えば髪の毛などが写っていると印象が悪くなりますよね。

商品説明が雑だったり内容が足りない場合は、商品情報を付け足しましょう。

この際は同じ商品を検索し、売れた商品の商品説明を参考にしましょう。

場合によってはそのまま真似して利用してもいいかと思います^^

売れる人の商品アピールはどんどん真似していきましょう。

発送予定日が遅すぎる場合は、発送できそうな日から逆算して出品し、発送予定日を短く設定して再出品しましょう。

例えば土日なら出品できる場合で、発送予定日を4~7日にしている場合は、金曜日に出品して発送予定日を1~2日にします。

この際は下書きまでしておくと楽ですね。

土日を過ぎても売れなかったら発送予定日を変えることを忘れないようにしましょう。

匿名配達ではない場合は、可能であれば匿名配達に変更しましょう。

ミニレターで送れるようなものは匿名配達にすると送料が余計にかかりますので、そこを考慮して変更します。

出品したタイミングが悪かった場合は、土日祝日の前日20時~21時頃に出品すると良いです。

この時間帯は大体の人が夕飯を既に食べ終わってお風呂に入るか、入った後でゆったりしているときです。

こういった時間帯はメルカリを見ている人が他の時間帯より多いので、このタイミングで出品します。

再出品をする際は値上げをしても良い

売れない根本的な理由が値段ではないと分かったら、売れない理由ではない部分は

「サボっていい」

のです。

すなわち、値段が高すぎるというわけではなかった場合、値上げをしても良いのです。

再出品は『処分』が目的なだけではなく、利益を増やすことにも繋がりますね^^

私の体験談

私は過去に使わなくなった香水を出品したことがあります。

Diorの男性用香水で50mlのものを3,000円程度でだしていました。

このときは年末の大掃除を兼ねての出品だったので、結構雑に商品説明を書いてしまいました。

すると、

「何mlですか?」

という質問がきました。

こんなことすら書くのを忘れていたのです。

もちろんこの商品は2~3週間ほど売れませんでした。

そして『再出品』しました。

再出品時は『何処で買ったか』『どういう人向けの香りか』『何ml入っているか』『ちょっと使ったので、どれくらい残っているか』等の情報を追加し、値段を2,500円に落として再出品しました。

再出品後、数日中に2,500円で売ることができました。

まとめ

  • やみくもに再出品をしないで、根本的な売れない理由を考えよう
  • 売れない理由は他の同じ(似た)商品で、売れたものと比べることで見つけよう
  • 再出品をする際には、見つけた売れない理由を対策して再出品しよう。



 

-出品について
-, , ,

Copyright© メルカリの『り』 , 2019 All Rights Reserved.