出品について

実は違反?!それでも便利なメルカリの専用ページの方法を紹介します。

メルカリの出品を見ていると、商品タイトルに『〇〇様専用』と書かれた商品を見たことはありませんか?

これはメルカリを利用しているユーザーの独自ルールで、実は規約違反なんです。

メルカリでは、出品者は購入者を選んではいけないという規約があるのです。

「じゃあペナルティ(利用制限)を受けるの?」

というと、すぐにそうなるということではありません。

何度も繰り返し専用ページで出品したり、他の人に通報されたりするとペナルティの対象となりやすいです。

メルカリでは

「これをしたら利用制限!」

という基準が公開されていません。

なので、専用ページを作る際は気をつける必要があります。

この記事では

「専用ページのやり方から注意点まで」

といったことを紹介します。

専用ページってなに?メリットはあるの?

専用ページとは、特定の人に買ってもらうことを目的に、商品ページを公開することです。

専用ページは購入者に大きなメリットがあります。

何故なら値下げ交渉が成立してもなかなか値段変更してくれない出品者もいるからです。

専用にしてくださいと言うと、さりげなく値段変更の催促にもなります。

そのほか、支払いはまだ待ってほしいけど他の人にその商品が取られたくない場合、お取り置きという使い方もされています。

出品者のメリットは、売れることがほぼ確約されることです。

売りたくて出品しているわけですから、できるだけ購入者の意思をくんであげたいですね。

また、ハンドメイド品のオーダー品で、購入前にイメージ画像を特定購入検討者に伝える際にもメリットがあります^^

ハンドメイド品はオーダー内容によって商品の仕上がりが変わりますので、

「イメージと違う」

なんてクレームを受けることもなくなります。

なんで専用ページは規約違反なの?

メルカリ利用規約で

『特定ユーザーへの販売を意図した出品』

は禁止されています。

通報されればペナルティ(利用制限)を受ける可能性があります。

ただし現状では、何度も専用ページで出品をするということをしなければ、運営に利用制限されるということは無いという印象です。

実際私も専用ページに変更することがあります。

しかしながら規約違反に変わりはありませんので、もし専用ページで出品されるのであれば、完全自己責任でお願いします。

また、プロフィールの自己紹介文に

『専用ページで他の方は購入しないでください』

などという文言は決して入れてはいけません。

こちらは通報されたら利用制限の可能性が高いです。

なんで違反なのにみんな専用ページをつくるの?

せっかく交渉が成立して値下げされたにもかかわらず、他の人に値下げ後の金額で購入されてしまったら、値下げ交渉した意味がないですよね。

出品者としても

「この人が購入するんだなぁ」

と購入者のプロフィールを見たり、評価を見たりしているわけです。

にもかかわらずいきなり第三者が購入すると、出品者にとっても、交渉していた人にとっても、不本意な結果となってしまうからです。

専用ページの仕方

専用ページにする際は、基本的に購入希望者からコメントで

「専用にしてくれませんか?」

と聞かれます。

もし良いと思うなら、『商品の編集』から商品タイトルを『〇〇様専用』と変更しましょう。

専用ページで買われた!横取りされたら?

「仕方がありません」

というのが回答になります。

専用ページはそもそも規約違反なので運営に相談してはいけませんし、相談してもムダです。

たとえ専用ページだとしても、メルカリは原則早いもの勝ちなのです。

「欲しい!」と思った人が先に購入してしまったら(横取りされたら)、それは仕方がありません。

そして嫌々販売をした後に、特に理由なく低い評価もつけないようにしましょう。

購入者がメルカリの運営に相談し、あなたが利用制限の対象となる可能性があります。

専用ページの断り方

専用ページ出品を断る際に、特に理由はいりません。

単純に

「規約違反になってしまうので、専用ページはできかねます」

とお伝えしましょう。

まとめ

  • 専用ページ出品は違反です。
  • 利用制限される可能性はありますが、私はされたことがありません。
  • 専用ページは出品者・購入者両方にメリットがあります。
  • 専用ページ出品をするなら自己責任でお願いします。

合わせて読みたい記事はコチラ

メルカリの利用制限について解説します



-出品について
-,

Copyright© メルカリの『り』 , 2019 All Rights Reserved.